家庭保育室・ナーサリールームとは

多様な保育園形態で、よりよい子育て環境をご提供していきます。

家庭保育室、ナーサリールームとは、「保育者の質・人数」、「衛生面」、「園児一人当たりの空間確保」などの数多くの基準において、国の基準より厳しい、さいたま市独自の基準を満たした保育室で、さいたま市より保育業務の委託指定を受けた保育園を指します。

基準を満たし、さいたま市より保育業務の委託を受けた保育室のみが「さいたま市認定家庭保育室」、「さいたま市認定ナーサリールーム」の名称の使用を許可されています。

当該施設の利用においては、さいたま市に利用申請書などの書類を提出するなどの手続きが義務付けられております。また、さいたま市より指定を受けている家庭保育室、ナーサリールームは、平成21年4月より「保育料軽減事業、多子軽減事業」の対象施設として、保育料の軽減(保育料軽減事業一人当たり月額最大2万円、多子軽減事業2人兄弟の場合月額最大1万円)を受けることができます

 

小規模保育事業所のスタート

 

更に、平成27年4月から施行された新制度による「小規模保育事業」もスタートしました。この保育園形態は、低年齢(0~2歳児)保育に特化した認可保育園となります。保育に関する基準・制度はほぼ既存の認可保育園のものに準じています。入園申込は各区役所となります。